英検1級

未分類

英検1級受けてきました

去る10月11日(日)、英検1級の試験を受けてきました。

TOEICは900を超えているし、特に受ける必要性も感じなかったので、今まで受験せずにいたのですが(1級はおろか英検自体を受けたことがありませんでした)、最近になって自分に箔がつく資格を増やしたいと思うようになり、受験するに至りました。

以下、初めて受験した感想。

リーディングパートはほぼ語彙問題

リーディングパートが41問あるのですが、そのうち25問が語彙問題。

単語を知らなければ即アウト。

中にはネイティブに聞いても知らん単語とかもあるので、このパート意味あるんかって思ってしまう。

文章量はTOEICほどじゃないかな。

TOEICは読んでも読んでもまだあるんかって感じですが、英検はその感じはなかった。

 

リスニングは設問と設問の間の時間が短い

リスニングは設問と設問の間の時間が10秒しかありません。

音声を聞いて、設問も読んで、答えを選んでいる間に、次の音声が流れ始めるという事態が頻発します。

僕も何問か音声の冒頭の部分を聞き逃しました。

 

試験会場が激寒

試験問題とは関係ないですが、試験会場がクーラーガンガンかかってて激寒でした。

もう10月ですよ。

外も結構涼しかったんですけどねぇ。

おかげで鼻が潰れてしまい、鼻水とクシャミが止まらなくなり、リスニングの時間中、音声の流れている間に鼻をすするのや、クシャミが出ないように我慢するのに必死でした。

10月にクーラーガンガンはマジいらん。

 

試験時間が長い

これもまぁ制度的なものなので、仕方ないんですが、試験時間が長い。

リーディングが100分、リスニングテストが35分、その間の移行時間が3分ほどの計138分ほどが拘束される。

2時間半弱も拘束されてトイレにもいけないのは辛い。(正確にはリーディングの時間中はトイレに行くことは可能だが、カンニング疑われそうで心理的に行きにくい)

 

総評: もう2度と受けたくない

TOEICのときも思いましたが、もう2度と受けたくないです。

2時間半トイレ行けないのも、クーラーガンガンで鼻潰れて、リスニングのときに他の受験者に気を遣って、鼻すするのもクシャミ我慢すんのも、苦痛で仕方がない。

1次試験はもう2度と受けたくないから、頼むから1次受かってくれ。

 

 

 

 

-未分類

© 2021 イケメンゴリラの備忘録。 Powered by AFFINGER5